膀胱炎を自然治癒するには?

市販薬が利尿作用程度なら自分で対策可能

今では、膀胱炎の市販薬もいくつか販売されていますが、そのほとんどはあまり意味が無いそうなんです。意味が無いというのは語弊かもしれませんが、意味の有る薬。すなわち、膀胱炎に対して直接的な治療に繋がる薬は、市販薬として扱えないということです。

市販薬の場合、その働き自体は、自然治癒に任せるのとそう変わらないんですね。

なぜなら、それらの市販薬には、泌尿器科で処方してもらえるような抗生物質は含まれておらず、利尿作用を持つ漢方成分が主だからです。確かにこれなら、わざわざお金を出して市販薬を買う必要性は、低そうですね。

では、膀胱炎を自然治癒させるには、どうすれば良いのでしょうか?

一番すべきなのは、とにかく水を飲んで頻繁に排尿することだそうです。これによって、膀胱内に繁殖することで膀胱炎を引き起こしている細菌を、体外へと駆逐するんですね。

ちなみに、クランベリージュースを飲むと、自然治癒をより促進できるということが、最近では分かっているそうです。なぜなら、クランベリーに含まれているキナ酸という成分が、尿を酸性に変えることで殺菌を促してくれるからです。

これも、正確には、殺菌ではなく、尿を酸性に保つと大腸菌などの繁殖を抑えることが出来るということからだそうです。

となると、膀胱炎の自然治癒のためには、クランベリージュースを飲みつつ、トイレで頻繁に排尿するということが理想なんですね。なので、いざという時に備えて、クランベリージュースをすぐに購入出来るのか、スーパーやドラッグストアで確認しておくのも一つの方法かもしれません。

売っていない場合は、やはり、サプリメントで補うのが妥当なところでしょうか。