市販薬に抗生物質は無い!?

抗生物質は処方箋薬なので市販できない

膀胱炎で泌尿器科にかかると、大抵は抗生物質が処方されるそうです。

これによって、膀胱内に繁殖して粘膜に炎症を起こすことで、膀胱炎を発症させている細菌を駆逐することができるのだとか。そのため、てっきり膀胱炎の市販薬にも、その抗生物質が配合されているものとばかり思っていました。

しかし、実際のところ、膀胱炎の市販薬に抗生物質は無いそうなんです。正確には、抗生物質を市販することは、法律で禁止されているようです。

では、代わりに何で構成されているのかと言うと、漢方成分が主みたいです。詳しく言うと、利尿作用を持つ漢方成分によって、排尿を積極的に促すことで、膀胱内で繁殖した雑菌を排出して治癒を促すという形になるんですね。

となると、自然治癒の場合とあまり変わらないと思います。水をたくさん飲んで尿を頻繁に出す、というのが自然治癒の確固たる方法ですから。

しかし、市販薬の中でも1つだけ、抗生物質と同程度の効果を期待できるものがあります。

それは、腎仙散(ジンセンサン)。これも、他の膀胱炎の市販薬と同じく、漢方成分を中心に構成されているのですが、利尿作用だけでなく抗菌作用を持つ漢方成分も含有しているそうなんです。

そのため、他の市販薬に比べ、膀胱炎の直接的な治療が可能とのことでした。

この腎仙散には、膀胱炎を始めとしてむくみの改善や利尿を促す作用などがあるようです。抗生物質は、その働きが強いので肝臓に負担をかけてしまうこともありますが、その辺も漢方成分なら、安心して使えるかもしれませんね。