市販薬「ボーコレン」は効かない!?

薬の働きを確認しておく事が大切

膀胱炎の市販薬と言えば、あの有名な小林製薬から販売されている、「ボーコレン」というのが有名だと思います。なので、もし膀胱炎を発症してしまった場合は、泌尿器科を受診するのも面倒だというなら、このボーコレンにお世話になるのも一つの方法かもしれません。

しかし、実際のところ、このボーコレンにはそこまで期待をかけない方が良いみたいです。なぜなら、ボーコレンは、泌尿器科で処方してもらうような抗生物質には、遠く及ばないからです。

ボーコレンの効果を見ても”頻尿、排尿痛、残尿感、尿のにごり”とだけで、膀胱炎に効くとは書いていないので、やはり、この辺は、抗生物質の働きのように直接殺菌する作用が無いからなのだと思います。

このように、ボーコレンには抗菌成分が含まれておらず、利尿作用を持つ漢方成分である五淋散というのが主なんですね。そのため、膀胱内に繁殖した細菌を、直接駆逐することはできず、あくまでも尿意を引き起こして細菌を積極的に排出させることで、症状の治癒を図るみたいです。

となると、ボーコレンを服用しても、自然治癒とあまり変わらないんですね・・・。

利尿作用があるという点から、排尿を促されることで効率的に細菌を排出できる、というメリットはありますが。なので、私も膀胱炎の症状がまだ軽い内は、このボーコレンにお世話になろうと思いますが、少しでも症状が重そうな場合は、ちょっと面倒ですが確実性を重視するなら、まずは泌尿器科を受診することが先決ですね。